自分が禿げるかどうかの簡単な目安

現代人はストレスや食生活により

ハゲになる人が4人に1人と言われています。

そんな中、自分が禿げちゃうかどうか不安ですよね…

会社にいる上司を見て

あんな姿になりたくないって思っている人もいるかと思います。

禿げててもカッコいい人はいるので

そこをもう目指すって方法もあるんですけど

ハゲカッコいいは難しいです。

そこに入る方が難しいです。

渋さや清潔さも演じながら似合ってなければならないんです…

じゃあどうすればいいか

やはり髪の毛がある自分をキープした方が良いです。

髪の毛が無くなっていくパターンに入ってしまったら

早めの手当てをする方が食い止められるし

復活も早いのでそこの見極めをしていきましょう。



その①

サイドやバックの髪の毛のボリュームと前髪やトップの髪の毛の量が違う

手で同じ面積だけ髪の毛を掴んでみて下さい。

その時の髪の毛の量やしっかり具合を比べてみましょう。

トップや前髪の髪の毛のボリュームがなんか少ない感じがある人は

パターンに入っている可能性が高いです。


その②

サイドやバックの髪の毛の伸びる量とトップや前髪が伸びる量が違う

髪の毛をカットした時はバランスがいいのに伸びてくると何故か

全体的に伸びていないように感じる方

パターンに入っている可能性が高いです。

その③

これは短髪の方のみですが「もみあげ」だけ濃くなっていく

同じ長さで刈り上げてもらったのにもみあげが濃くなっていくのは

パターンに入っている可能性が高いです。

もみあげは若々しくしっかりとした髪の毛なのに他が弱弱しく感じる方もいると思います。


さて3つの見極め方を記載しましたがいかかでしょうか?

あくまで目安ではありますが髪の毛は髪のサイクルが短くなる事から始まり伸びずに抜けドンドンその周期が短くなっていくので最終的には産毛のような髪の毛になり抜け落ちていってしまいます。

早めのケアで食い止めていき復活を目指していきましょう!

私の髪の毛対応おすすめ⇒こちら

貴方に贈る男のエチケット情報を受け取る!