髪の毛は薄くなり体毛は濃くなる
その要因の一つが男性ホルモン⁉

年々、薄毛になり、体毛は濃くなる

その要因の一つに男性ホルモンであると良く言われますよね?

でももしこの男性ホルモンが影響しているとなると

この男性ホルモンを調整出来ればいいのではないか?

男性ホルモンとは何か?

男性ホルモンとは「アンドロゲン」とも言われ

大半が「テストステロン」という物質で出来ています。

カタカナは私も苦手なのでサラッと流しても大丈夫です。

ワークアウトや筋トレする方はこの「テストステロン」という言葉を

ご存じの方もいるかと思います。

この「テストステロン」が多くなれば筋肉が発達しやすくなり

意欲的にもなるため行動力が向上し益々男らしくなります。

この「テストステロン」により男らしい筋肉のついた肉体になるのですが

半面、体毛を濃くしたり、増やしたりします。

またなぜか髪の毛だけは、抜け毛や髪の毛を細くする性質を持っています。

少し細かく言うと、

この「テストステロン」は 「5αリダクターゼ」という酵素と手を繋ぐと、

「ジヒドロテストステロン(通称=DHT)」という物質に変わるんですが

このDHTが実際には体毛や髪の毛の成長やサイクルを狂わせてきます。

となると、 「5αリダクターゼ」 を減らせばいいのでは?

と思うのですがこれは実は現代の科学では「遺伝」らしいです。

AGAかどうかの判断材料

食べ物でも少しは影響あるかもしれない

個人的な考えですが私は体を形成しているのは

食べ物の影響が大きいと考えていて

食生活は少し気を使っています。

男性ホルモンを少し抑え女性ホルモンの比率を少し上げられるのであれば

体毛を少しでも薄く、髪の毛を少しでも多く残す事が

出来たらと思いほんの少しですが気を使って実践しています。

男性ホルモンを多くする食べ物

男性ホルモンを多くさせる食べ物は
(テストステロンを多くする食べ物)

動物性たんぱく質
・卵
・牛肉
・豚肉
・鶏肉
・マグロ
・カツオ
・牛乳
・チーズ
・ヨーグルト…etc

テストステロンの分泌を手伝う食品
・ニンニク
・ニラ
・らっきょう
・玉ねぎ
・ネギ
・牛ホルモン
・豚ホルモン
・鳥ホルモン
・ホタテ
・牡蠣
・イワシ
・カレイ
・カツオ…etc

以上の食べ物がテストステロンを多くする食べ物です。

逆に筋肉Wを付けたい方はこの食材を積極的に摂取すると

筋肉はつきやすくなります。

特に動物性たんぱく質とブロッコリーやアスパラは相性がいいです。

女性ホルモンを増やす食事

女性ホルモンを多くさせる食べ物は

大豆イソフラボン
・納豆
・豆乳
・豆腐
・大豆煮
・きな粉
・味噌

大豆イソフラボンと相性の良い食べ物
・イワシ
・アジ
・サバ
・ブリ
・キノコ類
・海藻類

ビタミンE
・植物油
・ナッツ類
 アーモンド
 ヘーゼルナッツ
 ピーナッツ

ビタミンB6
・カツオ
・豚ヒレ
・マグロ(赤身)
・鮭
・ささみ
・バナナ
・サツマイモ
・玄米

女性ホルモンを増やす食べ物はやはりヘルシーで体に良さそうな

食べ物という印象ですね。

しかし、どちらも過度な摂取は禁物です。

すべては体のため、健康が一番ですので

バランスよく取り入れて見て下さい。

髪の毛を最速で復活させたいあなたは⇒こちら

費用面が心配なあなたは⇒こちら

各サロンやクリニックの分割払いについて

脱毛を決心したあなたはこちら

その他おすすめCONTENTS

貴方に贈る男のエチケット情報を受け取る!